2014年3月20日 (木)

フジミ FW16 サンマリノGP 完成

製作中にモチベーション低下で何度も中断していたFW16がやっと完成しました!。
基本的にキットのストレート組みです。
流石にフロントサスペンションのロワアームだけは直しました(笑

Img_1033

Img_1037


Img_1031

今回はかなりの手抜きモデリングです。リアウイング傾いてるし・・・・。
なんにせよロスマンズカラーは模型栄えするので良いコレクションが一台できました。

使用デカール エッフェさんのFW16フルスポンサー
使用塗料 青:フィニッシャーズ ブライトブルー
       ウレンタンクリアー マルチトップクリアーSH

今回から新しいウレタンクリアーを使用してみました。
Img_1025

マルチトップクリアーSHです。今までずっとフィニッシャーズのウレタンクリアーGP1を使っていました。

yutaが感じたウレタンクリアーGP1との相違点を以下にまとめます。
①流動性が良く。吹き返しでツブツブがでることが少ない。
②硬化時間が早く、完全硬化後は少し硬くて研ぎ出しが大変。
③ウレタン塗装後にウレタン専用シンナーをコートしすぎるとウレタンがしわになりやすい。
④コストパフォーマンスが良い。

非常に良いマテリアルなのでしばらくお世話になりそうです。
続きまして研ぎ出しにも新しいマテリアルを使用してみました。
Gt62_3


いつもの研ぎ出し手順は、1500番→2000番→タミヤコンパウンド3種類→セラミックコンパウンドです。
今回のFW16は1500番→ラプロス6000番→ラプロス8000番→タミヤコンパウンド3種類で仕上げてみました。
結果は、1500番の傷が全然消えませんでした。

yutaの感じたきめ細かさ。
ラプロス4000番<<1500番<2000番<<ラプロス6000番<ラプロス8000番

ラプロス4000番は粗すぎて研ぎ出しには不向きだと感じました。やはり2000番を時間かけて研ぎ出すのが無難ですね・・・。

今回の反省。
①良い作品を作るには実車への思い入れが必要。
②フジミキットの仮組は入念にしましょう。
③塗装後の組み付けはあせらずエポキシ接着剤使いましょう。
④製作中にイライラしたら休憩しましょう。怒って作品を台無しにしないように(笑)
⑤研ぎだしは2000番使いましょう。

以上、次回作はデカブツに挑戦します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

近況報告かねて・・・

まずは、今年もよろしくお願いしますsun。最後の更新から半年以上経ってますねwobbly

去年は一台も完成しませんでした(ノ∀`) アチャー。働いてるとなかなか余裕なくて趣味できないねdash

作れない鬱憤からか、道具関係ばかり買い揃えてしまった一年でした(笑)

エアブラシ・コンプレッサー・塗装ブース・ドライブースやら買いました!!時間と精神的余裕あればいつでも塗装できる┐(´д`)┌

037

増えたのは道具だけではなく、レベル1/24 F10・MP4-25 スタジオ27 R26 タメオ R26

レベルのプラモデルは初めてですが、パーツを見た感じ良さげnote

作るのが楽しみですね。

FW16は、パネルラインの彫り直し完了してるのでサフ吹きして塗装の下地作りすれば塗装に入れる状態ですsign03

032

033

036

パーツの合いを確認するために、組み上げてみましたshineカッコイイですsign01カウルとアンダーフロアの合いが微妙に良くないので 、接続ピンを増やす必要あるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)