2009年5月 9日 (土)

フジミ 248F1 製作記 Rd.10 完成

横浜では四日ぶりの晴天となりましたsun。ついに完成ヽ(´▽`)/motorsports

248F1 日本GP ミハエル・シューマッハ

1 2

3 4

5 6

7 8

隣にR26を並べたくなりますね(o^-^o)。このキットをフルディティールで作れる方は尊敬してしまいます。yutaはプロポモデルでお腹いっぱいdash。クリアーバージョンが出たら一つ購入してブラジルGPを作るのもありかなと思ってます。

次回は赤牛up

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.2

休日だというのに朝の6時前に起床してしまいました(゚▽゚*)5時間寝てないかなdash朝っぱらかipodでTRUTH聞きながら、昨日の組立ての続きをやっておりました。

まだウインドシールド・ステアリング・アンテナなどは接続していませんが外出前に一通り完成sign03

Almost Almost_2

カッコイイですわlovelysign03次回は天気のいい日に準一丸レフで撮影してUPしますshine

【追記】

今夜の作業をUPします。明日明後日は天気悪そうなので完成写真はUPは少し遅くなりそうです。

ウインドシールドのクリアパーツは分厚すぎるので作り直すことにします。パーツの裏側をポリパテで裏打ちし、適当なサイズのプラ板にはりつけた物をアルミ角材の先端に置き、塩ビ板をライターで炙ってヒートプレスします。

Img_2586 Img_2588

テロテロになった塩ビ板をグニュっと押し付け余分な部分をカットして完成。

Img_2592

薄くていい感じ( ̄ー ̄)ニヤリ 

次は、ノーズ上面のアンテナやピトー管の製作。ピトー管は、埋め込みピンで自作したアルミパイプ(外経0.6mm内経0.3mm)を折り曲げて製作。

Img_2594

2本のアンテナはエッチングの余りの極小リベットに0.3mmの穴を開け、0.3mmの真鍮線を通した物です。

残るはステアリングのみ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.1

またもや更新を放置する日々が続いていました(゚ー゚;4月中に完成しませんpig

248F1ですが、デカールの白地にも赤い染料の滲みが出てモチベーションがダウンしておりましたdown(;´д`)トホホ…もはや開き直り、GW中に完成を目指しひたすら手を動かします。

Img_2557

カウルの研ぎ出しに使うコンパウンドは3種類使用します。左からタミヤコンパウンド・粗目、仕上げ目・ハセガワセミックコンパウンド

本来ならば、粗目→細目→仕上げ目と使うの順当なのですが、細目は削れがいまいちよくないので使用していません。セラミックコンパウンドは面積の広い部分に使えば効果的です。

研ぎ出しが終わりましたdashやはりウレタンは良い艶出しますねnote平滑さと写りこみもばっちしですヽ(´▽`)/

3 1

カーボンデカールはメタリックグレイ色が強すぎると感じましたsweat02。クリアー層を1500番で軽く磨き平滑にした後、スモークを吹いて落ち着かせています。個人的な好みでは、遠目で見るとグロスブラック、近くで見てみるとカーボン目が見える程度で良いですsign01

Img_2532 Img_2538

翼端板の裏はデカールの貼りっぱなしです。本当にカーボンデカールは骨が折れるsweat01。この間発売したスタジオさんのカーボン3Dは非常に良さそうですがクリアーコートができないようです。

小物の製作に移ります。まずはシートベルト

Img_2525

エッチング・レスキューベルトはヒロ製・赤いリボンはスタジオ製です。スタジオのリボンは裏地がそのままテープになっているので非常に作業がしやすいです。オススメnote

Img_2528 Img_2530

アルミリベットを埋め込みます。キラっとしてて非常に良いアクセントになります。ただし、これもやりすぎるとくどくなるかな。

仮組してみるとボディとアンダーパネルが上手くはまりませんでしたdown干渉している箇所を探すのに手間取りました。ギアボックス周りをyutaと同じ方法で分割している方は同じ症状がでるかもしれません。

Img_2542 Img_2543

まるで囲った所を削り込めば直りましたsun

エキゾーストパイプはキットの物は使わず、3mmのアルミパイプで自作します。大まかな長さで切り出し、淵を削りこみ表面をコンパウンドで研磨してピカピカにします。タミヤのウェザリングセットで焼けの表現を施せば完成。

Img_2559

以前にも書いたように、タイヤのゴムパーツはタミヤFW24の物を使用しています。表面のパーティングラインをヤスリでとり、1000番で仕上げます。デカールはSTR3に入っていたオマケデカールから拝借しています。

Img_2561

ほぼ全てのパーツの加工が終わったので後は組み上げるだけです(。・w・。 )テンションあげてくぞup

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

フジミ 248F1 製作記 Rd.08

最近非常に忙しい毎日をおくっております。更新もまたもやさぼってしまいましたwobbly牛歩で進んでおります。

Img_2497

前回からの進行状況です。カーボンデカールを貼り終えました(;´Д`A ```。やっぱしんどいわこの作業dashあまり貼りすぎるとくどくなると思ったので、部分的につや消しブラックで処理する予定の箇所もあります。

Img_2485 Img_2481

デカールはマークソフターをたっぷり使って表面になじませます。クリアーを厚めに吹いて完全に密着させました。

Img_2483 Img_2479

フェラーリは軽量化のために裏面はほとんどカーボンむき出しのようです。モデラー泣かせですねsweat01

ウレタンクリアの厚吹きの前に、カウルに開口した埋め込みピン用の穴(0.7mm)に実際にピン(0.6mm)を埋め込んだところ0.1mmの遊びがほとんどなくなっていましたsweat02ウレタン塗装は最も厚い塗装膜になるので今回は先に埋め込んでしまいました。

Img_2476

ハンズで買ったアルミパイプを工作して作り置きしました。

Img_2472 Img_2475

いい感じですnoteウレタンクリアでトラブルが起きないことを祈ります(*^-^)

いきなりウレタンをぶっつけ本番でやるわけにはいかないので、F430スクーデリアのカウルとジャンクパーツに吹いて練習してみました。

Img_2487 Img_2492

少し厚ぼったくなってしまいましたが研ぎ出しでカバーできる範囲だと思います。初めて使った感想としては、吹きっぱなしでも非常にいい艶が出ますshineただしボンネットやルーフなどの面積の広い部分では軽い柚子肌が見られるので研ぎ出しによってさらなる効果が期待できます。

Img_2489

こういった曲面や奥まった部分は、研ぎ出ししなくても十分キレイです。ラッカークリアは細かい柚子肌が全面に起きてしまうので、塗装面を傷つけてしまうリスクを回避できるのは非常にうれしいですヽ(´▽`)/。乾燥も非常に早く作業効率もUPしますね~これは一度使ったら手放せないでしょうsmile

Img_2494

これはフィニッシャーズのメタリックレッドを塗装したパーツです。メタリックの加減が良くわかる写真が撮れたのでついでにUPしました。サフ→ホワイト→ピンク→メタリックレッド

実際にウレタンを塗装したパーツを研ぎ出ししてみましたが、感覚的にはラッカークリアと変わりませんでした(◎´∀`)

そして本番sign03

Img_2503

yuta「いいぞいいぞ~up研ぎ出しが楽しみだ( ^ω^ )」

まだ吹き加減がわかっておらず厚ぼったくなってしまいましたが、研ぎ出しでカバーしよう

yuta「ん!?( ゚д゚) ・・・ 」

Img_2505

yuta「(つд⊂)ゴシゴシ    (;゚д゚) ・・・」

Img_2506 Img_2507

yuta「ぎゃあああああ!!!プラの赤い染料が滲んできてる・・・(;ω;)」

今までラッカークリアではこの問題起きたことがありませんでしたが、最後の最後で起きてしまった・・・・。

完成がまた少し遠のきました(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

フジミ 248F1 製作記 Rd.07 デカール貼付

自室のデスクトップがお亡くなりになったようです(;ω;)今年で5年目に突入してから具合が悪かったのですが、マザーボードが故障しているらしくお手上げ状態(´;ω;`)ウウ・・・

買い換えるお金なんてない(# ̄З ̄)up

そして248ですが、前回からピンクに塗装したカウルにフィニッシャーズのルミレッドを塗装しました。赤色は塗りムラが出やすいので、一度同系色の淡い色(今回はピンク)を塗装して極力塗りムラが出るのを抑えることができます。

Img_2436

非常に鮮やかな赤色になりましたnotesデカールを貼る箇所にはクリアーを吹いて表面を滑らかにしておきました。奥のF430はメタリックレッドにルミレッドを20%程加えたものを塗装してみました。

Img_2439

フィニシャーズのメタリックレッドですがそのままですと非常に塗りムラがでやすい塗料なので多少赤を混ぜると良い感じに塗装できます。イメージはF2007やF2008のメタリックレッドなのですが再現性は微妙sweat02メタリックは非常に細かいパールなのでじっくり見ないとわからない感じになってしまいました。難しい・・・

続いて、デカール貼りに移る前にカーボン調塗装でサスペンションなどの小物を塗装してしまいます。デカールは高いし貼るのめんどくさい(*`ε´*)ノので最大限塗装で再現したいと思いますsign03

今回はストッキングを使わずにメッシュを使います。

Img_2450

ハセガワのエッチングメッシュだと思います(笑)。メッシュは再現したい柄や細かさに応じてチョイスすれば良いと思います。

まずはカーボン調塗装をするパーツにブラックを塗装しておきます。そしてパーツをメッシュに押し付けて、エアー圧を抑えた状態で軽くシルバーを吹きかけます。

Img_2449

この後、全体にスモーク(スーパークリアーⅢ+ブラック少々)を吹いて実車のようなカーボン目が少し埋もれたような質感を出します。

Img_2453 Img_2456

パーツの下に敷いているのは、スタジオ27 カーボンデカールSサイズです。デカールと比べて遜色ない目の細かさが再現できています。(◎´∀`)ノ

使う網目のパターンや材質によってはもっと複雑な形のパーツにも応用できるかもしれません。さらに良い方法を知っている方がいたら教えていただきたいです。sign03happy01

そしてスポンサーマークの貼り付けが完了しましたflair

Img_2465 Img_2468

248F1になりました~かっちょええ( ^ω^ )sunデカールは非常に貼りやすかったです。エッフェのマルボロデカールもピッタリで、まったく問題なしでした。

Img_2471 Img_2470 

GP仕様は日本GPにしましたmotorsportsシューマッハの鈴鹿ラストランですshine

Img_2469

今回は初めてデカールをパネルラインに添ってナイフで切れ込みを入れました。かなり緊張しましたが上手くできて一安心dash

これからしばらくカーボンデカールをチマチマ貼ることにします。(;´▽`A``

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

フジミ 248F1 製作記 Rd.06

本日は上野のオート・モデリまで行ってまいりましたsun天気も良く絶好のお出かけ日和ですが、この季節にしては寒いですね。今日も真冬並でしたsnow

早速ですが、本日の戦利品( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_2429

ウレタンクリアーGP1(コンパウンドのお試し品付)、ルミレッド、メタリックレッド、スタジオ製カーボンデカール(Sサイズ)、エッフェ・248F1デカールです。

店長さんが製作されたフジミの248F1の完成品も見てきましたshine。コンパウンドをかけていないとは思えない艶でしたよ~素直にカッコイイと思える作品でしたsign03yutaのテンションも上がりますupnote

マルボロデカールはTABUとエッフェ両方あってどちらにするか悩みましたが、TABUの物はマルボロゴがばらばらなので止めときました~店長さん曰くエッフェの方がウイング類の曲面にマッチするかも・・・ということです。ルミレッドはかなりオレンジ寄りの赤色ですね~。

カーボン表現は、メッシュ塗装とデカールを併用していく予定です。248F1の場合はカーボンパターンは綾織ではないので調度良さそうです。

問題はウレタンだよな(´~`)~失敗は免れないので、ジャンクパーツ当に試し吹きして練習あるのみ!慣れたらラッカークリアよりも楽とのこと。

そして、ただ今の進行状況happy01

Img_2432

可愛らしいピンクになっておりますcherry。なんとも女性うけが良さそうです(笑

このところ乾燥しているせいか塗装中の埃の付着が多くてストレスたまります(# ̄З ̄)部屋を掃除して、塗装前は霧吹きした方がいいなsweat01反省・・・

明日は、ルミレッド塗装していく予定です。デカール貼るのが楽しみsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

フジミ 248F1 製作記 Rd.05

yutaにしては珍しく予定通り塗装前の状態まで持ってこれました。

Img_2422

パーツを洗浄しました。いや~やっとここまでこれました( ゚Д゚)y─┛~~(※:yutaは喫煙者ではありません)

Img_2425

カウルは、チムニーの継ぎ目を慣らすのに時間がかかりましたdash埋め込みピン用の穴(0.7mm)を実車写真を見ながら開口しています。それにしてもカッコイイですねhappy01完成が楽しみになりますsun

どうもパテの種類の選択ミスで余計な時間をとられているような気がします。(;´Д`A ```

強度が求められる部分の形状修正なんか、瞬間接着剤に昔買ったSSP-HGの余った粉を被せて硬化させています。ポリパテよりも食いつき強度共に強いです!ただし細かな造形はできませんsweat02マテリアルって種類がありすぎてどれがいいのやらわかりませんよね~。ちなみにポリパテは造形村のものを使用しています。

Img_2426

この後、サフを吹き終えたらスポンジヤスリで塗装面を滑らかにしておきます。今回からクリアコートにウレタンクリアを使用して研ぎ出し仕上げにしてみたいので、F430スクーデリアでウレタンクリア練習してから248F1は塗装していきたいと思います。( ^ω^ )

ウレタン上手くいくかな・・・・その前に、上野のお店に材料調達しに行かなくては~ついでに248F1の完成品も見てこようup最近忙しいdash

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

フジミ 248F1 製作記 Rd.04

随分更新をさぼってしまいましたo(_ _)oペコッ。

248F1ですが結構苦戦していますsad。ですが今週中には塗装前の段階まで持っていけそうです。

Img_2407

ルーバーのスリットを囲っている実車には存在しないパネルラインをパテで埋めても埋めてもひけてくるdownストレスたまりますねpig

Img_2418 Img_2419

チムニールーバーは形状修正してカウルに接着しパテで表面をならします。右の写真のミニウイングは、エレメント間の隙間を再現します。

Img_2414

お次はこのキットのネックであるタイヤです。FW24のタイヤを入手したのでキットのものと比較しました。FW24のほうが若干小ぶりですが許容範囲内なので今回はFW24のタイヤを使用します。

後はひたすら仕上げ作業です(○゜ε゜○)ノ

話は変わって、先週末にららぽーと横浜に行きました。あいかわらずでかすぎて一日じゃ回りきれませんよsweat01ご存知の方も多いと思いますが、文教堂ホビーさんの存在を初めて知りましたshineガンプラからスケール・ミリタリー・ミニカーまで幅広く網羅した模型屋です。

店内は広く、F1関連のグッズも置いてありました。マクラーレンのリアウイングやら展示されていますnoteTABUデザインのデカールもありましたよ。やっぱ模型屋は良いですなcat

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

フジミ 248F1 製作記 Rd.03 

ぼちぼちやっております。見た目にはあまり大きな進歩はないですthink

Img_2362

今回はプロポーションで製作しているのでエンジンは無視する方向です。カウルとアンダーフロアの接続を補助する目的で内部モノコックとエンジンを接着してしまいました。続いて、チムニーミニウイングですtyphoon

Img_2359

側面をPカッターでギリギリまで掘り下げ、0.5mm真鍮線を二本埋め込みましたsign01意外と側面の翼端板に厚みがあるので十分な強度が得られますflair

Img_2361  Img_2363

ミニウイングを切断しました。右の写真で丸で囲ったダクト?はブラジルでは開口されている写真とされていない写真があってどれが決勝の写真かわかりません(^-^; その前に、日本仕様・中国仕様・ブラジル仕様と、どれで作るか考え中ですtyphoon。マルボロロゴ仕様はカッコイイですよねdashshine悩むpig

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

フジミ 248F1 製作記 Rd.02

ちまちまやっております。cat特に問題なく形になっていきます。

Img_2352_2

インジェクションキットはパーツ精度が高いので楽ですねnote特にウイング関係の調整に手間取ることなく作業できるのはうれしいですsun

Img_2347 Img_2348

問題なしです(゚ー゚)

Img_2350 Img_2355

バージボードの淵を削り込みます。チムニーミニウイングはパテを盛って大まかな形状を出してみました。ミニウイングは塗装や研ぎ出しを考えると二分割にしたいのですが、どこで分割しよう~hairsalon

Img_2356

個人的には、①で分割したいのですが強度的に辛そう・・・②は研ぎ出しが大変。③は取り付けが大変sweat02どうしたものかsaddash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1/72 X-Wing | 248F1 | E20 | F10 | F2007 | FW16 | MOVIE | MP4/22 | R26 | R31 | reckless リゼル | STR3/RB4 | W03 | カーモデル | 趣味 | 雑記