« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年11月18日 (月)

E-JAN ロータス E20 製作記 Rd.04 完成

フォーラムから一週間たって要約落ち着きを取り戻してきました。
楽しかったなー(≧∇≦)

E20は寝る間を惜しんで製作していたため細い写真を撮り忘れてしまいましたが、製作過程を紹介します。

①ボディーの改修

今回は完成状態からお見せします。ここまで持ってくるまで時間かかりました。(;´Д`A ```
それでもW03の時と比べると大分楽でした。

Img_0634

Img_0633


下の写真は、改修するにあたって切断した箇所の写真です。

Img_0635



黄色の線は高さや位置調整を行なった場所を示します。
オレンジの線は、モノコック側では1mm程切断面を削りこみモノコックが高くなるように再接着。エンジンカウル側の線はマシン全長を短くするために切断して削りこんだ箇所です。忘れましたが3~4mm程度短くしています。


Img_0583

Img_0584

切断したパーツを調整してタミヤRB6と同じホイールベースになるように改修しています。

後は形状の辻褄を合わせるためにWAVEの軽量エポパテで修正しています。
新聞の記事が甲子園ですね。夏に戻りたい(ノ_≦。)寒いのは嫌。

今回の大ポカ フロントウイングステーのパーツ紛失しました(笑)

なんであんな重くてゴロゴロしたパーツが失くなるのか理解できませんでした。自業自得なので真鍮板とホワイトメタルパーツでコの字の骨組みを作成してパテで肉盛りして完成。

Img_0611

キット付属の物と遜色ない仕上がりかと。キット付属のピトー菅はエッチング一枚なのでプラ板と0.5mm洋白線で自作しました。

②アンダーパネルの修正

ボディーを大きく短くしたので当然フロアも修正が必要になります。

Img_0638

切断した部分を削りこみ再度接着しています。ここまでやれば強度は問題なし!

③フロントウイングの改修

キット付属のフロンウイングは前半戦のモデルです。
今回はなるべくイギリスGP仕様に近づけたいので特徴だけをとらえて製作します。
CADで設計されているはずのフロントウイングですがかなり組みづらかったです・・・。

下の写真は、イギリスGPのフロントウイングです。かなり複雑ですがカスケードがカッコイイです(*^-^)!

598

Img_0650

Img_0607

カスケード部分はWAVEの軽量エポパテで造形してみました。エアロパーツを造形するには強度不足に感じました。
かなり手抜きですが特徴は上手くつかめたはず!かっこよくなりました。

③リアウイングの交換!

フロントウイング同様に何か組みづらいリアウイングですが組み付けてみて凄いことが判明!
リアウイング全体が小さすぎて使い物になりません(;ω;)酷いよ・・・・。いろいろやってみましたがどうすることもできず残念無念( ´;ω;`)ブワッ。
流石に作り直す時間と気力も無いのでタミヤのRB6から流用しました。

Img_0623

Img_0610

リアウイング上下を繋ぐスプリッターは、ウイングをエンドプレートに接着した後で中心を切断。その間にプラ板をかまして成型しています。
ロワウイングにはキット付属のエッチングを取り付けています。

Img_0615

ウイングを交換したのでクラッシャブルストラクチャーも調整しています。


④その他細い改修

リアサスペンションのアッパーアーム

Img_0621

ボディと接続される部分の長さが足りなかったので1mm真鍮線を溶接して調整しました。

コックピット周り

Img_0625

キット付属パーツはダルな印象をうけたのでタミヤF60から流用しています。

Img_0640

モノコック上面が厚く感じたので黒マジックで塗った部分をカットしています。ステアリングの取り付け位置を少し上になるように既存の取り付け穴の上に新しく穴をあけました。

今回もお値段以上に楽しめるキット内容でした!。

なんちゃってイギリスGP仕様の完成です。ダークナイトのエンブレムがカッコイイです。!


Img_0791

Img_0794

Img_0798

いつもの準一眼レフでの撮影は年明けになるかもしれません。

ここまでご覧頂きありがとうございましたo(_ _)oペコッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »