« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月12日 (日)

MONOPOST 1/20 メルセデスAMG W03 Rd.02

前回抽出した問題点からガツガツ修正していきましょう( ̄▽ ̄)。

レジンキットはプラモデルと違い、削りこんで造形する作業は向いています。
パテの食いつきも良いので、切り刻んで作るときはプラモデルより案外ストレスは感じません。

①インダクションポッド

017

今回からタミヤの大きい獲物を購入しました。見た目より軽いので中々使いやすいです。shine
切り刻む時は必需品になりそうです( ^ω^ )。

019

切断面を100番のペーパーで削っています。


②モノコック

021

モノコック上面と側面の印を付けた所を様子をみながら削りこみます。

026

モノコックサイドのバルジの修復。ノーズを幅増しました。

ここまできたら一回インダクションポッドを乗せて様子を見てみましょうsign03

022

023 

028

良い感じじゃありませんかshinehappy01

エンジンカウルのメガ盛りボリュームが良くわかりますね(○゚ε゚○)。
写真を見る限りインダクションポッドの幅はキットのままでも大丈夫そうです。

③エンジンカウル

031

ここまで分割完了(´ρ`)。

各パーツ単位で大まかに造形し、シンメトリーが崩れない様にするのが目的。

006

011

D12chn1383

Merc_schu_melb_20122


3_2
まだまだ調整が必要ですが、どんどんかっこよくなるW03の製作が楽しくて仕方ありませんnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MONOPOST 1/20 メルセデスAMG W03 Rd.01 キットレビュー

今年のF1マシンの段差ノーズはいろいろ話題になりましたが、yutaはもう見慣れてしまいましたヽ(´▽`)/

Mercrosbsepa20122

D12chn24231

去年のW02はやたらとホイールベースが短くてyutaの好みではありませんでした。
今年のW03はホイールベースも長くなったおかげかカッコイイですねヽ(´▽`)/

キットの構成はおきまりのノーズからミッションまでレジンパーツ・CAD設計によるメタルパーツ・エッチングといった感じ。
CADで設計されたメタルパーツは造形も精細で作りやすい印象を受けました。

問題はレジンのパーツです。(お決まり笑)┐(´-`)┌

まずは写真を見てください。

047

018

025


049

042_2

「どちらさまでしょうか?W03を注文したはずですが・・・」

第一印象。

デブ、似てない、返品したい、以上( ^ω^ )。

正直愚痴は書き足りないですが、実際にどこに問題があるのか検証していきます

1

2

取説の写真と比較しています。
横から見たときに大きな違和感を感じます。
真上から見た時のシルエットはそれほど悪くありません。

048

005

レジンパーツの問題点

①モノコック、ヘッドプロテクターからインダクションポッドが高い。
②サイドポッッドに向かうモノコック側面が太い。
③モノコックと比較してノーズが細い。
④エンジンカウル後部への絞込みが全く再現されていない。
⑤造形のシンメトリーが崩れている。
⑥素人以下のスジボリ技術。


結論 素人造形(#`皿´)!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

フジミ 1/20 F10 製作記 Rd.04 再開

大変お久しぶりですsun

F10へのモチベーション低下とデジカメの故障などが重なりブログを完全放置プレイしていました。(;´▽`A``

先日リンクさせて頂いている方々とお会いする機会がありまして、大変貴重な話も聞けて模型への情熱が再燃していきましたshine

そしてここで発表sign03

ホビーフォーラム2012にてF10展示します。ヽ(´▽`)/

これで完成させる以外の道は絶たれました。笑

F10は現在こんな感じ。

003

イタリアGP仕様なので、ウイングのフラップを自作しました。

006

Monza_01_3

407

イタリアGPでは、エンジンカウルもスペシャルスペックが用意されています。
非常に細いFダクト・ドラッグ低減のために極限まで薄々加工されたシャークフィンが特徴。

008

581a

010

まだまだ各部微調整が必要ですが頑張るsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »