« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月22日 (木)

スタジオ27 1/20 ルノー  R26 製作記 Rd.06

前回は説明が抜け落ちていました。

塗装前の下地づくり

yutaは、レジンキット製作時の塗装はクレオスメタルプライマー・レジン用のサフで下地を作っています。メタルプライマーがしっかり定着していれば、レジン・ホワイトメタル・エッチングこれ一本でいけますsun

塗装開始

001_2

黄色い部分を塗装するためマスキング開始shine。マスキングを綺麗に成功させるコツは、一本のラインは一本のテープを貼り付けること。2枚、3枚と使うガタガタになりやすいです。塗装の際には、なるべく低圧で必要最小限の塗装で済ませることです。厚吹きは厳禁sign03

004

塗料が入り込みやす場所は、GSRさんのマスキングゾルを使いました。評判通り非常に使いやすいup乾燥するとペロペロ剥がれます( ̄▽ ̄)

006

黄色の塗装完了happy01

遠目では、非常に綺麗に仕上がってますが・・・

008

若干のはみ出しと、塗り分けラインのケバケバが目立ちます。後の塗装を考えてタミヤの粗目コンパウンドで削っておくことにします。

013

レシピは以下の通り。

黄色:クレオスキャラクターイエロー+赤・白少々

水色:フィニッシャーズ スカイブルー+白

青色:フィニッシャーズ ブルツブルー

水色が思ったような色にならずモチベーション少しダウンしました(´・ω・`)ショボーン

デカール貼り

今回のデカールは安心のカルトグラフ製ですshine発色がいいだけでなくソフターでよく馴染むのが特徴です。

0063

マイルドセブンロゴもルーバーの段差があるにもかかわらずキレイに貼れましたflair

1

スポンサーデカールはほぼ完了しましたヽ(´▽`)/ついにR26になりましたsign03

2

背ビレのデカールもギリギリ収まりましたdashマイルドセブンのデカールが立体感にかけるのが若干残念な所。それにしてもカッコイイですね(≧∇≦)notes

この後は、ひたすらカーボンデカールですね~時間かかりそうsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

スタジオ27 1/20 ルノー  R26 製作記 Rd.05

残暑が厳しいですねsun

ディフューザーの改修

Photo

キットのままではあまりに分厚くてブサイクなのでプラ板で作り直しました。

005

エッチングパーツが付いてるんだからこれもエッチングで再現するようにすれば良かったのに・・

ピトー菅の自作

004

いつのまにかなくしたのでアルミパイプとプラ板ででっちあげflair画像ではなくさないようにピトー菅あえて長くしてます。塗装後に切る予定。

塗装モード(*≧m≦*)

007

一人暮らし始めてからの初塗装です(o^-^o)

道具をどこに配置するかいろいろ考えました。塗装ブースはクレオス製。エアブラシ・コンプレッサーはL5のプラチナセットですhappy01

今回から塗装用具はほとんど新調したものを使ってます。以前まではタミヤの古いコンプレッサーとスプレーワーク HG エアーブラシの古いもの使っていましたが、ノズルが詰まるわゴミを吹き出すわで終に引退しました笑

018

ひとまず水色と黄色を塗るパーツにクレオスのクールホワイトを三回に分けて塗装しました。

塗装後は、乾燥促進と塗装面にゴミがのらないように乾燥機に入れます。

009

あっという間に乾いてくれるので、時間の節約には持って来いですねhappy01

話は変わって・・・

フジミより飛び込んできたビッグニュース

 1/20 F10 11月発売決定sign03

10160895a

※画像は転載

1/24のレベルF10と作り比べたら楽しそうですね!

1/20では初のアロンソのマシンがプラモデル化ですので買うしかないですねpig

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

スタジオ27 1/20 ルノー  R26 製作記 Rd.04

台風の影響で休みの日は家に引きこもりでした(○゚ε゚○)house

天気が良いと外に遊びに行ってしまうyutaですが、ここぞとばかりにR26の製作にのめりこんでます。

エキパイの製作

085

キットのパーツも悪くはないのですが、もう少し迫力を出すためにハンズで買ったアルミパイプで自作。縁はリューターを使用して薄くしています。

表面処理→サフを吹いての繰り返し

今まで表面の粗を修正する際には、タミヤラッカーパテとポリパテを使用していました。

浅い傷には、ラッカーパテ(パテが肉痩せするため薄く盛ることしかできない)

深い傷・気泡にはポリパテ(パテを練るときに気泡を含みやすい)

両者とも長所・短所があります。

そこで今回より新兵器を導入sign01

Top

タミヤの光硬化パテです。ポリパテのように気泡を含む可能性もありませんし何回かに分けて盛り付ければ、厚く盛ることも可能です。shine

使い方は、パテをもりつけて蛍光灯の直下に持っていくか100均で売ってるLEDライトを当てれば直ぐに硬化してくれます。

素晴らしい素材ですねヽ(´▽`)/

086

目立つ粗は修正完了しました。後一歩ですね(*゚▽゚)ノ

089

表面処理に少し飽きたので、スライドマークに落とし穴がないかカラーコピーしたものを仮止めしてみましたhappy01

背ビレのマイルドセブンロゴが大きいため少しきついですがなんとかなるかとflair

早く塗装してスライドマーク貼りたいですsign03

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »