« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

スタジオ27 1/20 ルノー  R26 製作記 Rd.03

お久しぶりです(◎´∀`)ノshine

それではチマチマいきましょう(*^-^)

ステアリングの製作

1

現在のF1のステアリングと比べるとシンプル。

Photo

キットパーツは使用せずにF2007のステアリングからセミスクラッチします。

061

完成ψ(`∇´)ψsign03 右はキットパーツ( ^ω^ )笑

066

Img_3529

取り付けるとこんな感じshine

フロントサス・アッパーアームの形状修正

F

黒マジックで当たりをいれた部分を幅詰めして形状修正します。

F1

やりすぎたかも笑。ヽ(´▽`)/

ウイングステーの製作

067

キットでは省略されている、フェアリングフィンとトレイを繋ぐ支柱を0.6mmアルミパイプで製作。

014

カスケードウイングとフラップ間を繋ぐ支柱は、真鍮板をカットしたものをハンダで溶接。

00112

今回使った道具です。フラックスというのはハンダの促進剤みたいですup低温ハンダはホワイトメタルより融点が低いのでパーツを溶かすリスクが最小限で済みます。

使い方はいつだったかバルケッタさんのHPにあった動画から勉強しました。

製作上潰してしまったディテールの復活。

今回はやりたい放題切り刻んで削り込んだので、突起物やモールドを作り直します。

Photo_6

資料を確認しながら彫り直していくと、あきらかにスタジオさんの間違いもあります・・・

069

ダクトの堀直し。まだ少し粗いか・・・

070

00252

レギュレーションフィンは余っているエッチングパーツを埋め込みました。

Photo_5

2

やっとこさここまでもって来れました。最後にビフォーアフターヽ(´▽`)/

制作前のキットの写真をもっと撮影しておけばよかったdash

これからサフを吹いて細かい粗を修正していきますhappy01

仮組みして撮影しておきますcamera

001

009

010

30758r19201440renaultf1leftsidess

自画自賛ですがGood Job!!(σ・∀・)σ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

DTM 1/20  ルノー R31 Rd.00 キットレビュー

  Img_3491

箱は見慣れない絵柄happy01メーカーは中国??

Img_3492

ご安心くだされsign01中身は、一級品shineこの手のキットを作りなれている人であれば製造元はすぐにわかりますよねup

流石は最新のF1マシン。とんでもなく美しいshine

Img_3494

Img_3497

リヤエンド・エキゾーストも忠実に造型されています。

Img_3504

シンメトリーに大きな問題無し。

Img_3511

アルミ製のホイール・ゴムタイヤ・エッチング・ホワイトメタル・デカール。いつもの内容ですshine

Img_3512

インストはシンプルですがわかりやすい方かと。

Img_3514

Img_3515

デカールも高品質。貼りやすさは実際使ってみないとわかりません。

さらに素晴らしいのは、パーツのフィッティングですsign03

Img_3517

Img_3518

Img_3521

感動した( ´;ω;`)ブワッ

現在製作中のスタジオ27 R26と比べたら超絶神キットしにか見えませんsign03

Img_3520

ステアリングも細かい所まで再現されています。

最近ではレジンキットにもCAD設計が導入されており、パーツのフィッティングや造型の正確さが向上しています。この調子でF1模型どんどんリリースして欲しいですねsign03

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

スタジオ27 1/20 ルノー  R26 製作記 Rd.02

①フロントウイングとリアウイングを組み立てる。

まずは仮組みです。特に問題なく組めました。

Fw

Fw2

Fw_2

ここで気になるのはフラップ間の隙間です。

Fw3

下側のフラップの形を調節して、真上から見たときに隙間が見えなくなるように修正。

Fw4

続いてリアウイングの組立。

Rw

フロントウイングと同じく3パーツで構成されています。

Rw1

こちらも特に問題なく組めます。3パーツを瞬着を使ってガッチリ接着。

Rw2 

ウイングステーは真鍮線とプラ板で作り直し。ウイングの接続にはこのパーツが軸となります。

②足回りの仮組み

F1模型の中で難易度の高いサスペンションパーツの組み付けです。

yuta流の組立方法

①リアサスで軸となるパーツ(それのみで保持力があり、今後寸法や形状をいじらないパー ツ)を見つけ、そのパーツを中心に各パーツを組み上げる。

②リアの車高が安定したら、フロントサスを調節して組み上げる。

Photo

いい感じですhappy01「僕らは正しい方向に向かっている。」感じがします。

③細かい改修

Kamera

インダクション上のカメラはキットパーツは使用せずにF2007の物を流用。

エアロパーツの改修作業

Photo_2

インダクションポッド側面に映えるエアロパーツは、微妙にうねりがあるので手で折り曲げてインダクションポッドに接着します(*`ε´*)ノオリャ。

2

完成。

Photo_3

続いてノーズのエアロパーツ。長さ・太さ共にいい加減な出来です。(ノω・、)

019

R26を上から見ると、かなりスマートな印象ですねshine

2_2

こんな感じでいいかな(゚▽゚*)sign01

Photo_4

楕円で囲ったところは、ヘッドレスト厚みの薄さに着目しています。もう少し厚みを出すために2mmプラ板で延長してみました。

1

2_3

なんとなく順調に製作が進んでいますhappy01

いや進んでいました・・・・・(;;;´Д`)ゝ。

Photo_6

ここにきてまさかのモノコック切断(ノ∀`) アチャー。

エンジンカウルとノーズのバランスに納得できなくてノコギリで切断。切断面に3mmのプラ板をはさみこんで再接着しました。実質2.5mmくらいのノーズ延長です。

2_4

無事に合体しました(*´ェ`*)。

Photo_7

バージボードとディフレクターを真鍮線と瞬着で接着しました。塗装後の組み付けがかなり楽になりますflair

2_5

とりあえず及第点です(゚m゚*)。ここまでだいたい今の進行状況に追いつきました。

残るは地味な作業が山のようにあります。がんばれ俺dog

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »