« 冬ですな。。 | トップページ | フジミ F2007 製作記 Rd.10  »

2009年12月20日 (日)

フジミ F2007 製作記 Rd.09 メタリックレッド塗装

本題に入る前に、ちょっとした工作を・・・

キットのエキゾーストパイプは、前半戦仕様の短いタイプです。中盤以降からはエンジンカウルから延長されています。

2

1

キットパーツはゴミ箱にポイして、3mmアルミパイプを手で軽く曲げたものから自作しちゃいました。ψ(`∇´)ψ

Img_3165

最後に後ハメ工作。分割したラジエーターパーツを接着しないことでエンジンカルを接着した状態でも後ハメできるようになります。塗装した後にエッチングパーツを仕込む時にも便利です。

Img_3167

それでは本題sign03F2007のメタリックレッドは全くもって厄介な色です(;´▽`A``

今回いろいろ写真を見た結果行き着いた結論は・・・・・・・・

好きな色で塗ればいいや( ^ω^)note

それでは、今回使用した塗料達です。

Img_3178

左から、スーパーファインシルバー、メタリックレッド、マイカレッド(フィニシャーズ)、マイカレッド(タミヤ)です。随分金かかってしまいましたdash

まずは、全体にスーパーファインシルバーを吹き一日乾燥させました。今回下地にシルバーを使ったのは二つ理由があります。

①ウレタンクリヤー後、プラの染料の滲みの防止

②言うまもなくメタリックにしたいからup

続いて、フィニッシャーズ製のマイカレッドとメタリックレッドを2:8程度で調合して全体に吹き付けていきます。

Img_3175 ピンボケですみませんsweat01

Img_3182

フィニッシャーズのメタリックレッドには、細かいラメが無数に入っているので吹き付けて光に照らすとピンクに見えます。こういうのは写真では難しいですねsweat01

最後に、タミヤマイカレッドをシンナーで希釈して吹き過ぎないように注意しながら全体にコートして完成happy02

普段使用しているコンパクトデジカメでは性能不足なので、準一丸レフを持ち出して撮影してみましたがやはり難しい・・・雰囲気だけでも伝わるかなsign02

Img_3801

Img_3783s

Img_3823

オレンジとゴールドパールの不思議な質感があります。

Img_3760s 

直射日光にあてましたsunちゃんとキャンディーカラーになっています(v^ー゜)おそらくこの色、クリヤーコートによっても見え方が違ってくると思いますshineなんにしろ上手くいってよかったsign03

【他のテスト】

シルバー下地に、タミヤのマイカレッドを吹くと素敵な色になりますsign01これもオススメshineマテルのミニカーみたいな派手な色合いです。ただし、表面処理をしっかりやっておかないと粗が際立つので上級者向きかもしれません。

そこでタミヤのマイカレッドにフィニッシャーズのマイカレッドを少し混ぜれば、シルバー地を上手いこと殺して派手さを抑えたワンコートの塗料が作れるsign03と思っていました・・・・

Img_3169

画像はタミヤマイカレッドにフィニのマイカレッドを20%程加えて、クレオスのうすめ液で混合したところ・・・・・・・

顔料が沈殿しました(;´д`)トホホ…

どうやらタミヤマイカレッドは、うすめ液で希釈する分には問題ありませんが他社のラッカーと混合すると凝集沈殿するようです。(流石は孤高のタミヤ!我が道を行くのですね笑)

そうこうして、今回は2コートで仕上げる結果にいたったわけでありました( ゚Д゚)y─┛~~

|

« 冬ですな。。 | トップページ | フジミ F2007 製作記 Rd.10  »

コメント

悩みますね~?!フェラーリのメタリックレッド
昨年から私も悩んでおりまして、色んな塗料を買って来ては試し塗りしていますが・・・・・

投稿: Boo | 2009年12月21日 (月) 09時57分

こんばんはBooさんhappy01
実車の写真を見れば見るほどわからなくなるので、
模型として見栄えの良い色になればいいやと開き直って塗りました。
今回の赤に満足していますが、実車に史実か?と聞かれると疑問の残るところですsweat02

投稿: yuta | 2009年12月21日 (月) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141156/47060892

この記事へのトラックバック一覧です: フジミ F2007 製作記 Rd.09 メタリックレッド塗装:

« 冬ですな。。 | トップページ | フジミ F2007 製作記 Rd.10  »