« レッドブル初優勝!! | トップページ | フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.2 »

2009年5月 3日 (日)

フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.1

またもや更新を放置する日々が続いていました(゚ー゚;4月中に完成しませんpig

248F1ですが、デカールの白地にも赤い染料の滲みが出てモチベーションがダウンしておりましたdown(;´д`)トホホ…もはや開き直り、GW中に完成を目指しひたすら手を動かします。

Img_2557

カウルの研ぎ出しに使うコンパウンドは3種類使用します。左からタミヤコンパウンド・粗目、仕上げ目・ハセガワセミックコンパウンド

本来ならば、粗目→細目→仕上げ目と使うの順当なのですが、細目は削れがいまいちよくないので使用していません。セラミックコンパウンドは面積の広い部分に使えば効果的です。

研ぎ出しが終わりましたdashやはりウレタンは良い艶出しますねnote平滑さと写りこみもばっちしですヽ(´▽`)/

3 1

カーボンデカールはメタリックグレイ色が強すぎると感じましたsweat02。クリアー層を1500番で軽く磨き平滑にした後、スモークを吹いて落ち着かせています。個人的な好みでは、遠目で見るとグロスブラック、近くで見てみるとカーボン目が見える程度で良いですsign01

Img_2532 Img_2538

翼端板の裏はデカールの貼りっぱなしです。本当にカーボンデカールは骨が折れるsweat01。この間発売したスタジオさんのカーボン3Dは非常に良さそうですがクリアーコートができないようです。

小物の製作に移ります。まずはシートベルト

Img_2525

エッチング・レスキューベルトはヒロ製・赤いリボンはスタジオ製です。スタジオのリボンは裏地がそのままテープになっているので非常に作業がしやすいです。オススメnote

Img_2528 Img_2530

アルミリベットを埋め込みます。キラっとしてて非常に良いアクセントになります。ただし、これもやりすぎるとくどくなるかな。

仮組してみるとボディとアンダーパネルが上手くはまりませんでしたdown干渉している箇所を探すのに手間取りました。ギアボックス周りをyutaと同じ方法で分割している方は同じ症状がでるかもしれません。

Img_2542 Img_2543

まるで囲った所を削り込めば直りましたsun

エキゾーストパイプはキットの物は使わず、3mmのアルミパイプで自作します。大まかな長さで切り出し、淵を削りこみ表面をコンパウンドで研磨してピカピカにします。タミヤのウェザリングセットで焼けの表現を施せば完成。

Img_2559

以前にも書いたように、タイヤのゴムパーツはタミヤFW24の物を使用しています。表面のパーティングラインをヤスリでとり、1000番で仕上げます。デカールはSTR3に入っていたオマケデカールから拝借しています。

Img_2561

ほぼ全てのパーツの加工が終わったので後は組み上げるだけです(。・w・。 )テンションあげてくぞup

|

« レッドブル初優勝!! | トップページ | フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.2 »

コメント

どうもです。いい感じで進んでますね。やっぱりフェラーリはマルボロのロゴが良く似合います。
タミヤのウェザリングセットって、焼けの表現ができるんですか?少し調べてみよおっと。。。
シートベルトもカッコ良く仕上がってますね。私のSA08も、あとはシートベルトで完成です。金具の穴にリボン通すの大変ですよね。

投稿: Formula1 Model | 2009年5月 3日 (日) 20時42分

SA08ももう一息ですね!いつも見てますよ(*゚▽゚)ノ

tomさんの製作スピードには驚かされますsun自分はめっぽう手が遅いので(笑

ヒロさんのシートベルトセットのリボンはエッチングの穴に通すときに解けやすいんですよね~カットした先端に水で薄めたボンドなんか着けて作業するといいかもしれませんね。

投稿: yuta | 2009年5月 4日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141156/44874749

この記事へのトラックバック一覧です: フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.1:

« レッドブル初優勝!! | トップページ | フジミ 248F1 製作記 Rd.09 part.2 »