« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月20日 (月)

レッドブル初優勝!!

レッドブルそしてベッテルおめでとう!ベッテルは優勝後の無線でピーの入る発言を連呼してしまうのではないかとヒヤヒヤしましたが心配する必要なかったですね~成長しています(笑。そして機を狙っていたかのようにE-JANさんからRB5が発売されますhappy01写真を見たところプレシーズン仕様のようですので数ヶ月すればGP指定のキットが発売されるでしょうup

09rs11

フェラーリはまたもやノーポイントwobbly今回も大荒れのレースで最後まで白熱しましたねmotorsports来週末も楽しみすぎますshine第5戦スペインGPまでに各チームのマシンのアップデートをしてくることが予想されるので、マクラーレン・フェラーリもトップ争いに加わってきそうな気がします。RB5に二層ディフューザーが装備されたらと思うとワクワクしますねnote

今週末はテニスしたりバーゲンに行ったりとあまり模型製作できてませんが、ウレタンクリアで滲みの出たパーツは塗装し直しました。カウルもコンパウンドがけに入っているので、完成まで後もう一息dash248F1が完成したら赤牛の製作に戻りたいと思います。

さてもう寝るか⊂⌒~⊃。Д。)⊃ zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

フジミ 248F1 製作記 Rd.08

最近非常に忙しい毎日をおくっております。更新もまたもやさぼってしまいましたwobbly牛歩で進んでおります。

Img_2497

前回からの進行状況です。カーボンデカールを貼り終えました(;´Д`A ```。やっぱしんどいわこの作業dashあまり貼りすぎるとくどくなると思ったので、部分的につや消しブラックで処理する予定の箇所もあります。

Img_2485 Img_2481

デカールはマークソフターをたっぷり使って表面になじませます。クリアーを厚めに吹いて完全に密着させました。

Img_2483 Img_2479

フェラーリは軽量化のために裏面はほとんどカーボンむき出しのようです。モデラー泣かせですねsweat01

ウレタンクリアの厚吹きの前に、カウルに開口した埋め込みピン用の穴(0.7mm)に実際にピン(0.6mm)を埋め込んだところ0.1mmの遊びがほとんどなくなっていましたsweat02ウレタン塗装は最も厚い塗装膜になるので今回は先に埋め込んでしまいました。

Img_2476

ハンズで買ったアルミパイプを工作して作り置きしました。

Img_2472 Img_2475

いい感じですnoteウレタンクリアでトラブルが起きないことを祈ります(*^-^)

いきなりウレタンをぶっつけ本番でやるわけにはいかないので、F430スクーデリアのカウルとジャンクパーツに吹いて練習してみました。

Img_2487 Img_2492

少し厚ぼったくなってしまいましたが研ぎ出しでカバーできる範囲だと思います。初めて使った感想としては、吹きっぱなしでも非常にいい艶が出ますshineただしボンネットやルーフなどの面積の広い部分では軽い柚子肌が見られるので研ぎ出しによってさらなる効果が期待できます。

Img_2489

こういった曲面や奥まった部分は、研ぎ出ししなくても十分キレイです。ラッカークリアは細かい柚子肌が全面に起きてしまうので、塗装面を傷つけてしまうリスクを回避できるのは非常にうれしいですヽ(´▽`)/。乾燥も非常に早く作業効率もUPしますね~これは一度使ったら手放せないでしょうsmile

Img_2494

これはフィニッシャーズのメタリックレッドを塗装したパーツです。メタリックの加減が良くわかる写真が撮れたのでついでにUPしました。サフ→ホワイト→ピンク→メタリックレッド

実際にウレタンを塗装したパーツを研ぎ出ししてみましたが、感覚的にはラッカークリアと変わりませんでした(◎´∀`)

そして本番sign03

Img_2503

yuta「いいぞいいぞ~up研ぎ出しが楽しみだ( ^ω^ )」

まだ吹き加減がわかっておらず厚ぼったくなってしまいましたが、研ぎ出しでカバーしよう

yuta「ん!?( ゚д゚) ・・・ 」

Img_2505

yuta「(つд⊂)ゴシゴシ    (;゚д゚) ・・・」

Img_2506 Img_2507

yuta「ぎゃあああああ!!!プラの赤い染料が滲んできてる・・・(;ω;)」

今までラッカークリアではこの問題起きたことがありませんでしたが、最後の最後で起きてしまった・・・・。

完成がまた少し遠のきました(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

フジミ 248F1 製作記 Rd.07 デカール貼付

自室のデスクトップがお亡くなりになったようです(;ω;)今年で5年目に突入してから具合が悪かったのですが、マザーボードが故障しているらしくお手上げ状態(´;ω;`)ウウ・・・

買い換えるお金なんてない(# ̄З ̄)up

そして248ですが、前回からピンクに塗装したカウルにフィニッシャーズのルミレッドを塗装しました。赤色は塗りムラが出やすいので、一度同系色の淡い色(今回はピンク)を塗装して極力塗りムラが出るのを抑えることができます。

Img_2436

非常に鮮やかな赤色になりましたnotesデカールを貼る箇所にはクリアーを吹いて表面を滑らかにしておきました。奥のF430はメタリックレッドにルミレッドを20%程加えたものを塗装してみました。

Img_2439

フィニシャーズのメタリックレッドですがそのままですと非常に塗りムラがでやすい塗料なので多少赤を混ぜると良い感じに塗装できます。イメージはF2007やF2008のメタリックレッドなのですが再現性は微妙sweat02メタリックは非常に細かいパールなのでじっくり見ないとわからない感じになってしまいました。難しい・・・

続いて、デカール貼りに移る前にカーボン調塗装でサスペンションなどの小物を塗装してしまいます。デカールは高いし貼るのめんどくさい(*`ε´*)ノので最大限塗装で再現したいと思いますsign03

今回はストッキングを使わずにメッシュを使います。

Img_2450

ハセガワのエッチングメッシュだと思います(笑)。メッシュは再現したい柄や細かさに応じてチョイスすれば良いと思います。

まずはカーボン調塗装をするパーツにブラックを塗装しておきます。そしてパーツをメッシュに押し付けて、エアー圧を抑えた状態で軽くシルバーを吹きかけます。

Img_2449

この後、全体にスモーク(スーパークリアーⅢ+ブラック少々)を吹いて実車のようなカーボン目が少し埋もれたような質感を出します。

Img_2453 Img_2456

パーツの下に敷いているのは、スタジオ27 カーボンデカールSサイズです。デカールと比べて遜色ない目の細かさが再現できています。(◎´∀`)ノ

使う網目のパターンや材質によってはもっと複雑な形のパーツにも応用できるかもしれません。さらに良い方法を知っている方がいたら教えていただきたいです。sign03happy01

そしてスポンサーマークの貼り付けが完了しましたflair

Img_2465 Img_2468

248F1になりました~かっちょええ( ^ω^ )sunデカールは非常に貼りやすかったです。エッフェのマルボロデカールもピッタリで、まったく問題なしでした。

Img_2471 Img_2470 

GP仕様は日本GPにしましたmotorsportsシューマッハの鈴鹿ラストランですshine

Img_2469

今回は初めてデカールをパネルラインに添ってナイフで切れ込みを入れました。かなり緊張しましたが上手くできて一安心dash

これからしばらくカーボンデカールをチマチマ貼ることにします。(;´▽`A``

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »