« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

週末のお出かけ

土曜日は一人寂しく出かけました。あるものを見に・・・・

人体の不思議展です!ヽ(´▽`)/

展示の最終日が迫っていたので、今日は大賑わいhappy01意外と女性が多く、小さい子達もキラキラした瞳で展示物に興味津々の様子notesyutaも折角の機会なので1時間半ほど見て回りました~疲れたけど楽しかったです。flair

そして、本日の戦利品

Img_2338

ハンズにて、スポンジヤスリとアルミパイプ(外形0.6mm 内径 0.2mm)を購入しました。

アルミパイプはF1の埋め込みピンに使えますね。内径を0.3mmに拡大すればいい感じです。30cmが5本入で600円でした。一本のピンあたり5mm使ったとすると300本分になりますsign01 暇なときに内職して作り置きしておけば便利です。

| | トラックバック (0)

フジミ 248F1 製作記 Rd.01

赤牛のパネルラインの彫りなおしに時間が掛かり、やっとこさ248F1に着手しましたsun。危ない橋は渡らずプロポーションモデルで製作していきますhappy01

Img_2327_2 Img_2328_2

まずはフロントサスの後ハメ加工。赤いラインの部分で切断します。モノコックの中のモノコックもサイドを切断してしえば、カウルの裏から差し込むことができます。

Img_2332 Img_2333_2 

ギアボックス周りの後ハメ加工です。印を着けた所を0.1mmエッチングノコで切断していきます。

Img_2343 Img_2337

リアディフューザーも一体化しておけば取り付けが楽になりますnotes

ここまでは順調ですが、一番の難題にぶつかりました。タイヤのゴムパーツですsweat01ホイールに着けたら歪みが酷く、使えたものではありませんでした(ノ∀`) アチャー。サイズ的にはスタジオのタイヤなら問題なさそうですが、パーツ請求したらいくらになるんだろsweat02

フジミさん次回は改善してね(;´Д`A ```

そして資料を見ていたらいくつか形状修正の必要な部分がありますね。最も気になるのはチムニーミニウイングです。

Img_2336

おそらく初期段階のモデルのCADを修正せずに作ってしまったんでしょうか?

Img_2341  Img_2342

ちょっと難しい作業になる予感・・・特に下の写真の開口部・・・・(´・ω・`)

とまぁボチボチやっていきますかね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

フジミ 248F1 製作記 Rd.00 キットレビュー

軽く仮組してみましたhappy01これはかなり気合の入ったキットですよsign03upかなり攻めてますangry

Img_2315 Img_2310

まずはプロポーション・・・・綺麗ですcryingモールドも繊細ですshineそしてこのキットの特徴的な構成のモノコックです。この部分はプロポーションとフルディテールで作る人で処理の仕方が変わって来ますね。↓の写真をご覧になれば・・・・

Img_2311 Img_2325

カウルの不思議な分割は、内部のディテールを忠実に作った結果のようです。ラジエーターが大きくてカウルを被せようとすると干渉します。キツキツの設計(^-^;。

Img_2316 Img_2318

ドライバーシートには、シートベルト用の穴が開口されています。地味にうれしいですねflairお次はセンターウイング、でかい定規じゃないですよ(◎´∀`)細すぎて折れるthunderフジミさん攻め過ぎsweat01

Img_2321 Img_2320_2

非常にシャープな造形~エッチング必要ないです。別パーツ化されているカウルもパチピタですsunチムニースリットはブラジルGPでは左右2つの穴が開いているのですが、キットでは各GPに対応できるように全てのスリットが開口されています(間違いなくバリエーション出してきますね)。そしてカウルの裏側~notes非常に薄く成形されていますhappy02

Img_2326 Img_2324

最後にタイヤ、パーティングラインも目立たずいい感じです。

とまぁ、仮組しただけで結構お腹いっぱいになるキットですcat

全体的に優秀なキットなだけに残念なのはカルトデカールが最初から入っていないことですねdash。来月発売されるエッチングはエンジン周りのパーツの追加が主ではないでしょうか?

素晴しいキットをありがとうフジミ!(o ̄∇ ̄)/

この調子でラインナップ増やしてね。できればフェラーリ以外も・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

STR3/RB4 製作記 Rd.05 part2

やっとスリットの加工が終わりましたdash。二度とやりたくないthinkと言いつつ、ほとんど作り直す結果になりました(ノ∀`)・゚・。  キットをサクサクと作りたい方は手を出さないほうがいいですcoldsweats01

1

2

前回の改修で失敗した原因はスリット間の間隔の空け方が短すぎたことです。そのせいで間延びしたようなデザインになってしまったわけですね。

Img_2306

寸法は正確ではありませんのであくまで目安です。

さすがにこれ以上やり直す気にはならないのでこれでOKとしますflair最近手先が荒れてしまうため、本日はヤスリを使う作業は終了pig

赤牛はこの後、パネルラインを彫り直したら一時中断。フジミ 248F1の製作を開始しますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

STR3/RB4 製作記 Rd.05 part1

え~前回ある程度形にしたスリットですが、あらためて次の日見たら全然似てないwobblythunder

せっかく資料集めたのに、何を見ていたのかとsign03やり直すことしにします・・・・どつぼにはまって来ました。┐(´-`)┌とりあえず週末中には片付けたいですね。

Photo Rb8_hires

実際のマシンとキットでは多少ボディーラインの違いがあり難儀しています。なんとかデザインの妥協点を探ってやっつけることができるだろうか?

「やらなきゃ良かった!」とはまだ思っていません(;´Д`A ```

ちなみに248F1はまだ手に入れてません!まだ売ってるかな~\(;゚∇゚)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

STR3/RB4 製作記 Rd.04

まずはチムニースリットの形状修正のために写真探索。

Img_2286_small Red_bull_75

Red_bull_rb4_monza_ 

これだけあればなんとかなるかなup

まずは、キットのスリットを削り取ってパテで形を整えました。

Img_2289

キレイさっぱりなくなりましたsweat02こうなったら徹底的にやるしかありませんね。自分を追い込みますpunch。そして後から気づくんですよね~やらなきゃ良かったって(^-^;

そして二日間の製作時間をフルに活用してなんとか形になりました。思った以上に大変でしたwobbly一段スリットを作ってパテで綺麗にならした後、さらにスリットを上に一段作り・・・てな感じで積み上げ方式で作りました。

Img_2297 Img_2299_2

Img_2293 

サフがまだらで汚いですね( ̄◆ ̄;)すみませんdash。この作業は二度とやりたくないですcatsign03しかし、これだけ改修すると仕上げ作業もその分大変なのです(;´д`)トホホ…。

どうやらフジミの248F1が既に店頭に並んでいるようですねhappy01up某通販サイトで説明書みましたが、モデラー心をくすぐる内容なのではないでしょうか?

カウルクローズドで作るも良し、フルディテールで作るも良し。買ったら早速仮組みしてレビューしたいと思います。楽しみだな~(○゚ε゚○)shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

STR3/RB4 製作記 Rd.03 part2

〔今夜の作業〕

製作の進行とブログの製作記事の進行をおっつけました。

Img_2284

彫りこんだラインにポリパテを埋めて、ひたすらサンディングwobbly花粉のせいで目がしょぼしょぼするのでこれにて終了。

ラインを彫り直す前に形状修正をやろうと思います。

Img_2285   Photo

丸で囲った部分ですね~やっぱり気になるangry!次回はスリットの形状修正に決定up

もっと別角度の写真を探さねば~資料漁りもF1モデルの楽しみの一つですよflair

| | コメント (4) | トラックバック (0)

STR3/RB4 製作記 Rd.03 part1

フジミの248F1を手に入れるまでは、赤牛を進めます。前回の続きから、車高の微調整

1 2

前回から、右リアのホイールの接続位置を1.5mm下にずらしました。完璧とは言えませんが問題の無いレベルまで持ってこれましたsun。後は0.数mmの誤差修正になりそうです。リアの写真の○で囲ってある部分は前回修正したギアボックスパーツですが、車高の微調整により角度がまた変わってしまったことが原因のようですsad

車高の調整ってすごく神経質な作業ですよねsweat01だけどこれを怠ると、完成して正面から撮影した時に残念なことになりますε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

続いて、カウルのパネルラインに手を加えていきますflair。ラインの形は左右対称で問題ないのですが浅くヘロヘロだったのでケガキ針で掘り込んでみると、ラインの中がデコボコだったので彫り直すことにします。(意味不明かな・・・

まずは、ヘロヘロデコボコのラインを男らしく太く掘り直します。

Img_2279_3

Pカッターやデザインナイフの刃を斜めに入れて取り返しのつかない状況になりましたangry!この後、ポリエステルパテをラインに埋め込み、細く深いラインを彫り直していきます。前回製作したMP4/22のパネルラインも全てこの方法で彫りなおしています。

Img_2281 Img_2276_2

道具は、随分昔から持っているケガキ針、0.1mmエッチングノコ(0.15mmに買い直す予定)。BMCタガネなど持っていません!だけどそろそろ新しい道具が欲しいです。切れ味が悪い・・・

右の写真は、あらかじめ透明プラ板から製作したパネルライン用のテンプレートです。これから地味で時間のかかる作業になるので期待しないでお待ちくださいcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

STR3/RB4 製作記 Rd.02

前回から引き続き、車高を調整するためにギアボックス周辺の製作をしました。

Photo_5

これがなかなかの曲者(^-^sweat02まずはギアボックスのパーツから

Img_2212_2

パーツが歪んでます。翼端板を支える支柱になる部分なので誤魔化しがききませんwobbly。根元に切り込みを入れ、角度を調整して再接着します。

Img_2219_2

リアホイールを接続する軸となるメタルパーツですが、左右から挟みこんで接着する方法では、水平を出すのが難しく強度も不足していると判断。思い切って二つのパーツを真鍮線とパテで一体化します。

Img_2243_2

多少歪んでるので、接着して角度を調整。さらにサスペンションを組み付けます。

Img_2248

いい感じですhappy01

残念ながら左側のアッパーアームとホイールの接続部が折れました(ノ∀`) アチャー。これでやっとカウルに組み付けることが出来ます。

Img_2249

後はホイールキャップの軸や軸受けの微調整でなんとかなるかなpigレジン製のアンダーパネルは薄く成型しすぎたせいか、グニャグニャ歪んでいますねdash根本的な修正は無理なので少しでも目立たなくした方が良いですね。

Photo_4

近年のマシンのアンダーパネルは地面に対して水平に着いているのではなく、若干前傾しているようです。こんな感じかなdeliciousupキットに付属していたスポンジ(厚さ約2mm)をフロア底面の先端に使ってみました。

Img_2224_4

このキットの車高調整の難関はリアにあります(◎´∀`)。フロントサスは非常に組み付けが楽なので、リアを正確に調整すればフロントはそれに合わせて曲げたりすればOK。

次回は、もう少し車高の調整をしてカウルの成形をはじめますcat

少しずつ春が近づいてきましたねcherryblossomただ花粉が辛いです、凄く(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

再入隊!(`Д´)

気がついたら日々のストレスが食にいってたみたい!体重はさして重くないんだけど明らかに体がだらしない(;´Д`A ```

というわけで

503740d5_4

「これで君もPerfect Body!!ウホッ」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STR3/RB4 製作記 Rd.01

フジミ248F1の発売まで手元にあるキットを少しいじっております。まずは、赤牛のカウル・アンダーパネル・ギアボックスを仮組してみました。

Img_2206

サスペンションはパチピタ!ただ予想通り、グニャグニャ変形するので取り扱い注意thunder

Img_2203

カウル本体とアンダーパネルのすりあわせは、黒のマジックでチェックを入れた箇所を様子をみながら削れば大丈夫かと、しかし別パーツかされているモノコック底面はパテでの修正が必要ですね。

Img_2205

続いてギアボックス、隙間が結構大きいです。yutaは接着してパテで隙間埋めしたあとに塗り分ける予定です。この程度は当たり前の工作ですねcat.。

Img_2209

これはフジミ F430スクーデリアです。amazonで30%引きだったのでポチりましたhappy01。ただしエッチングパーツのほうが高かったsweat02その分内容は豊富です。

月末にでも、上野のあのお店でメタリックレッドとウレタンクリア買ってこようかなup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

08年イタリアGPを見て気づいたこと

海外のThe F1M Forumsという模型のサイトを見ていたら、スタジオ27やヒロのキットを製作されている凄腕の方がたくさんいて大変参考になりました。

その中でE-JANのSTR3やRB4を製作されている方もいて大助かりnoteこれから製作される方の参考になるとうれしいです。

まずはSTR3 Monzaの仕様

Bourdais_2008_italy_04_phc

サイドポンツーンのルーバーは左側に一箇所のみです。

そして一番の違いはステアリング

Rb4_str3_swheel

上:RB4 下:STR3 形が異なっていますね。RB4で製作するならMozaに関してはキット付属のステアリングでOKです。ただしGPによってはRB4もSTR3と同じステアリングを使っている模様。逆もしかり・・・

続いて、RB4 Moza

Red_bull_rb4_monza_2008

ルーバーのスリットは全て閉じています。後はF1モデリングなどを参照すれば大丈夫かと思います。up

後はキットの改修ポイントですね。STR3/RB4どちらでも言える事ですが

Photo_2

白丸で囲った部分のルーバースリット?の部分は、キットでは立体感に欠けています。STR3で作る方はデカールの関係上、カウル形状を弄ると大変なことになりますがRB4で作るなら直したい部分ですね。

そして先日、ヒロさんのホームページからE-JANの新作がアナウンスされましたsign03

Brazil2

RB4 David Coulthard & STR3 Japan GPmotorsports

先生のRB4欲しい・・・けどお金ないよ( ´;ω;`)ブワッ

欲しい方は早めにゲットしといた方が良いのでしょうねsweat02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もうすぐヘレステスト

明後日の2月9日に、レッドブルのニューマシンRB5もお披露目のようですね。現在発表されているマシンの中で、どのマシンが一番仕上がりが良いのでしょうかねmotorsports

個人的に一番面白いと思ったのはコレ

1

なんとも変態的なマシンですねup早いのかな・・・・sign02シャークフィンは今年も使ってくるチームが多くなるのかなsign02トヨタもテストで使用してたし・・・。R29は風洞の遅れなど良い噂は聞きませんが、今年こそルノーにはがんばってもらいたいangry

今年のF1はゴテゴテエアロがなくなり、ボディカウルはシンプルかつ滑らかな造形が際立ち魅力的です。がしかし・・・言うまでもありませんね。

2

フロントウイングとリアウイングのバランスの悪さですよ。これは見慣れてもカッコイイとは言えないですねsweat02モデラーの皆さんはどうでしょうか?私は少なくとも一台は09年マシンを作ってみるつもりです。08年マシンと横に並べたら楽しいですよきっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

キットレビュー 赤牛 STR3/RB4 Monza

Img_2201

手元にあるキットのレビューを書きます。去年限定発売されたSTR3/RB4のイタリアGP仕様です。製造元はヒ○さんですねmotorsports

まずは、レジン製のボディを見てみましょう。

Img_2188

Img_2187

シャークフィンが痺れますねnote。yutaはシャークフィンはあまり好きではなかったのですがレッドブルのマシンには似合いますよね。ただしフェラーリだけはシャークフィンを付けないで欲しかったdown。写真を見ていただければ、成型の精度の良さがわかるかと思いますdash美しい・・・。ただし、パネルラインは浅くヘロヘロなので彫り直しが必要です。所々に見える青い線は、F1モデリングを見てパネルラインや埋め込みピンを入れる場所に簡単に印を入れています。意外とパネルラインが再現されておりません。

大量にあるホワイトメタルパーツの一部を紹介します。

Img_2195

サスペンションのパーツは薄くシャープに成型されているため、下手すると曲がってしまします。足回りは慎重に組み立てる必要がありますね

Img_2199

ウイング類も造形が綺麗です。パーツ見てるだけでも楽しめます。

Img_2198

ステアリングです。とても細かいところまで成型されています!ここまで見ていただければわかると思いますがスタジオ27のメタルパーツと比べて造形が素晴しいです。

Img_2192

ホイールはアルミ成型で、塗装してしまうのが勿体無いくらいキレイです。そのまま使おうかな・・・

Img_2193

レインタイヤは4本それぞれ目の方向が違うのですね。ピットクルーも大変です。

Img_2194

エッチング・シートベルトです。写真には写っていませんがこの他に、スキッドブロックの木目シート、アンテナに使う虫ピンなどモデラーのことを考えたうれしい構成です。素晴しいキットですねhappy01

この調子で近年のマクラーレンやルノーのマシンを是非とも製品化して欲しいですpigsign03

製作は当分先(今年中には作る予定)になりそうですが、今から楽しみです。STR3とRB4どっちで製作しようかな~happy02

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »