« スタジオ27 1/20 MP4/22 製作記1 | トップページ | TAMIYA 1/24 ENZO FERRARI »

2009年1月27日 (火)

スタジオ27 1/20 MP4/22 製作記2

写真を撮りなおしましたsun。写真撮影は難しいですよねcoldsweats01

特にピカピカに磨くカーモデルでは、光沢のせいで本当の色になかなか写りません。写真の蛍光オレンジの部分もかなり白く浮いて見えますが、カメラのどこを弄れば良いのやらチンプンカンプンsweat02

F1模型記念すべき一作目 マクラーレンメルセデス MP4/22 motorsports

1

2

3 4 5

6 7

今回の反省点

  1. 車高の調整は、最初に行うこと。サスペンションなど負荷の高い所はビスを増やして補強すること
  2. 塗装後の組み立てで水平垂直を出すのが難しいフロントウイングやリアウイングなどは多少塗装が手間どることになっても接着してしまうこと。
  3. 塗装した後の各パーツのマージンを意識して製作すること。
  4. 塗装の下地づくりにおいて、ホワイトメタルなどの金属パーツはプラサフでは食いつきが今一なので、メタルプライマー使用後にサフなどさらに強い食いつきの出る方法に変えること。(マスキングで一部塗装面を剥がしてしまいました)
  5. デカールの位置関係を一度把握すること(まれにサイズの合わないデカールがあるため)
  6. カルトグラフデカールは発色が良く厚みがある反面、マークソフターを軽く塗っただけでは密着しないので念入りに軟化させること。また、デカールは埋め込みピンやパネルラインなどの細かいモールドを潰してしまうので、可能な限りデカールを使わず塗装で再現したい。

次回はこれらの反省点の下に製作していきます。本当に難しいですねF1は・・・・。

|

« スタジオ27 1/20 MP4/22 製作記1 | トップページ | TAMIYA 1/24 ENZO FERRARI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141156/43871449

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオ27 1/20 MP4/22 製作記2:

« スタジオ27 1/20 MP4/22 製作記1 | トップページ | TAMIYA 1/24 ENZO FERRARI »