2016年2月 2日 (火)

フジミ 艦NEXT 大和 製作

今年もよろしくお願いします。早いもので1月終わってしまいました。
しばらくの間は、F1以外の模型を作ります。

前回の零戦と紫電改でレシプロ機を作りたい欲求は一段落。
新年から艦船模型本格スタートですヽ(´▽`)/

まず第一段 フジミ 艦NEXT 大和を簡単仕上げでお手軽フィニッシュしてみました。

①仮組みの段階でゲート処理、後ハメ加工とエッジの怠いパーツは処理済みです。

②甲板を色鉛筆とウォッシングで木目調を再現。
色鉛筆は、赤茶、黒茶、ピンク、白など使ってみましたが最終的にピンク、白は隠れてわか      らなくなってしまいました。
アクリジョンセールカラー で全体をコートした後、エナメルのジャーマングレー
でウォッシングしました。
今回わかったことですが、アクリジョン塗料はエナメルシンナーで溶けます。ウォッシングの下地には向きませんでした。

③部分塗装が必要なところは、手軽にアクリジョンカラーで筆塗り。
④最後は、アクリジョンのつや消しクリアーをブラシでコートしてお手軽完成!

Img_1730


Img_1731


Img_1732


Img_1735


Img_1736

プラの成形色を隠すためにウォッシングは強めに表現しています。

フジミさんの本気が見て取れる野心的なキットでした。
機会があれば、エッチング使用してフルディテールで完成させてみたいです。

<反省点>
・アクリジョンの上にエナメルウォッシングは行わない。
・艦底パーツ(赤いパーツ)の歪みを考慮して、中に支柱を入れてパーツの合いを調整すべき
・細かいパーツを無くさないようにケース・ユニパックで管理すること。

次回作は、ハセガワ 1/700 赤城 フルハルモデル

Img_1737

現在仮組み段階。パーツの彫刻が超精密なだけではなくて、パーツ同士のチリもばっちり合います。
今回は、フジミ赤城用エッチングとフジミの艦載機セット使用して全塗装で仕上げてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)